15入会案内

入会案内

入会した場合の費用は下記のようになります。

【会費】(月額)=入会金+基本会費+共済会費+支部費+婦人部費+青年部費

  入会金 5,000円
  月会費 4600円
内訳 共済会費 1.000円(初回だけ2,000円)
  支部費 200~400円(支部の活動費です)
  婦人部費 200円(女性経営者、配偶者の方が対象)
  青年部費 200円(原則35歳までの経営者、家族の方)

■民商は、会員のみなさんの会費と紙代のみで運営している中小商工業者の組合です。営利を目的とせず、民商運動をすすめていくうえで最低限必要な経費をみんなで出し合っています。ですから、会費はけっして手数料という性格のものではありません。民商の会費は会員どうしで、班で係を決めて毎月15日に集めるようにしています。
■民商に入会されますと地域の班に所属します。毎週の商工新聞の配布や毎月の会費の集金は班で交代制や係制で、民だ出助け合って行っていますので是非ご協力下さい。
■民商入会と同時に共済会員になることをお願いしています。民商共済は会員同士の助け合いの制度です。
■基本会費には、商工新聞代(月額500円)が含まれます。
■婦人部、青年部の対象の方は、各部に入部して頂きます。

 

こんなことに関心のある方はぜひ入会して下さい

税金
(所得税・消費税・法人税申告、税務調査、諸届出書など)
金融
(国民生活金融公庫、大阪府中小企業信用保証協会への申し込み)
法律
(高利債務の任意整理、民事再生手続、自己破産、交通事故、借地借家問題、営業上のトラブルなど)
記帳・決算
(個人、法人を問わず、「自主記帳・自主計算」ができるようご指導)
新規開業
(諸届出書、開業資金融資など)
高利多重債務
(サラ金、商工ローン、ヤミ金、日掛け、カードローンなど)
国民健康保険
(保険料の減免・分納申請、「通常証」の交付などのご相談)

八尾民商にご入会をご希望の方は、こちらまで

トップページへ

ブログ(お知らせ・着新)1八尾民商とは2全国商工新聞3よりよい経営4起業について5税金・記帳・確定申告6社会保障について7共済について8労働保険9融資10なんでも相談会11専門部等のご紹介12各支部のご紹介13会長挨拶14組織概要15入会案内16連絡先・アクセス17リンク